Archive for the ‘未分類’ Category

コスメティックの正しい選び方

私も含め、皆さん、美容にはたくさんお金をかけきたと思います。スキンケア商品、メイク道具、エステサロンなどなど、しかし、お金を掛けてきた分、自分が本当に若返ったと思う人はどれくらいいるでしょうか。

シミ、シワ、たるみなど、それぞれ悩みを抱えていると思います。女性なら誰しも、いくつになっても、若々しく綺麗でいたいと思うことは当然のことです。

しかしながら、やっても、やっても、テレビに出てくるようなタレントさんのように透き通ったタマゴ肌になれないのは、どうしてなのでしょうか。

皆さんが考えている以上に、ツヤツヤした潤いのある肌を保つために、タレントさんも頑張っています。

食事制限やジム通いなどで内側からの健康に気遣っている人も多く、どんなに気をつけていても睡眠不足や仕事の不規則から肌への影響も相当なものです。

だから、どうにかして綺麗な肌を保つために、美容効果を謳うコスメに頼り、お金を払うものだから出費がかさんでしまうことも少なくありません。

コスメとは、本来、汚れを落としたり、足りない保湿、栄養分を補ったりすることで、肌の代謝をサポートするものです。ですから、スキンケアの役割は、あくまで肌を健康な状態に保つお手伝いです。劇的に肌を改善したりするのが、目的ではありません。

これは薬事法の中でも定められており、皮膚炎などのときに病院や薬局で処方されるような効果があるものは、日常使うコスメに使用することはできないのです。仮に、そこまで効果があるコスメがあったとしたら、世の中の女の子たちの肌は驚くほど美しくなり、その後は副作用の被害が出て大変でしょうけど。

しかし、このような国で定められている区別とは別に、コスメの宣伝というのは大げさものが多いのも事実です。使用するだけで、すぐに美人になれるようなキャッチコピーが付いており、新製品が発売するたびに、今度こそは、とついつい試したくなるのが人の心理だと思います。

だけど、実際に購入してそのコスメを使用してみると、思っていたような効果をあげることが出来ずに、がっかりする人も多いのではないでしょうか。さらには、過剰な宣伝を信じてしまったがために、健康であった肌を気付かないうちに痛めてしまっているケースまであるのです。

お金を掛けた分だけ、肌は綺麗になるというものではありません。自分の肌をよく知り、的を得たケアをすることで、綺麗は肌にすることができるのです。宣伝や広告に踊らされることなく、一人ひとりがコスメの事をしっかりと理解して使用して頂ければ幸いです。

心理カウンセラーの資格取得を目指す方へ

現在、心のケアという言葉が一般的にも浸透してきて、心のケアを受けたい人が増えています。その背景には、日本では毎年3万人を越える人が自殺をしたり、うつ病やメンタル不全などの病気で苦しんでいる人達がたくさんいるという問題を無視することはできません。

その一方、心のケアの専門家、心理カウンセラーの資格を取得して、心理カウンセラーを目指す人も増えています。現在、心理カウンセラーになりたいと思うことは、とても自然な事だと思いますし、素晴らしいことだと思います。

私自信も、元々は普通のOLでしたが、10年ほど前に、通信講座で心理カウンセラー資格を取得して、カウンセリグを学び、資格取得後に心理カウンセラーとして仕事をしています。私が資格を取得した当時に比べると、今はカウンセリングや心のケアがさらに一般的なものになっています。その反面、情報量も多くなり、さまざまな問題が混在しているのも今ならではだと思います。

当サイトをご覧の皆様には、ぜひ自分が何をしたいのか、自分はなぜ心理カウンセラーになりたいのか、ということ表面的ではなく、深く考えていただきたいと考えています。

具体的には、心理関連の資格には、心理士もあれば、心理カウンセラーという資格もあります。心理学を学ぶにしても、大学や専門学校、社会人スクールなど、様々な選択肢があり、情報が混在しているのです。心理カウンセラーという仕事に興味はあるけども、どこで学べばいいのか分からない人も少なくないでしょう。

大切なことは、心理カウンセラーという仕事は、肩書や権威的なものではありません。普通の会社に就職するような感覚でもなく、プロフェッショナルでいなければなりません。例えば、髪をセットしたり、メイクするのは誰にでも撮ることは出来ますが、プロの美容師には到底及びません。

プロの美容師やメイクアップアーティストであれば、例え短い時間しか与えられなくても、大きくイメージを変化させるような髪型をたくさん作り出すことができるでしょう。髪をセットする、メイクをするという行為は同じでも、プロとアマチュアには大きな違いがあるのです。

 

板野友美がイメキャラのカラコンへの口コミは…

カラコン『candymagic』のインターネット上の販売サイトには、“ともちん”こと板野 友美のTVCF『によって『candymagic』を購入した人びとの口コミが、多数、集まっています。そこでは、『candymagic』の名称は、“キャンマジ”との愛称で呼ばれていました。果たして、『candymagic』は、使った人から、どのような評価をもらっているのでしょうか?

「目の大きさにレンズがちょうどいい」「眼球への負担が少ない」「柄が気に入った」などは予想どおりでしたが、「黒い縁が目を大きく見せてくれる」とは?日本には昔から、黒目がち、と、黒目が大きくぱっちりした目元へのほめ言葉がありました。黒い縁取りのある大きめのレンズを装着すると、実物以上に大きな瞳を作ることができるのです。

また、「ハーフ目になれる」という口コミもよくみかけました。「ハーフ目」とは、ブルーやライトブラウンなどのカラコンを使って、瞳の色を、ハーフ(混血のひと)のようにエキゾチックに見せること。今の時代、彫りの深い小顔に長い脚、プロポーションの整ったひとが増えたからこそ、実現できる「ハーフ目」。おばさんにはなかなか新鮮な感性でした^^;

あと、「盛る」という表現の口コミも。「盛る」とは、大きめのカラコンによって瞳をより大きく見せたり、ゴールドやブルー、グリーンなどの多彩なカラーによってきらめかせたり、瞳を美しく見せるためにいろいろ欲張る、という意味のようです。どちらかというと、ギャル寄りの言葉かな?「ギザギザ模様の縁はデコラティブに盛りたいとき、縁なしはナチュラルに仕上げたいとき」と、使い分けている口コミもありました。

板野友美カラコンは、レンズの種類も、度あり/なしはもちろんのこと、1dayタイプから1カ月タイプ、14.5ミリの大きなものからハーフサイズまで、ヴァラエティ豊か。なお、『candymagic』は度なし製品のみ、『candymagic+』は、度なし/度あり、と呼称が区別されています。

カラコン人気はCF女王の“板野 友美効果”

板野 友美といえば、そんなにTVを観ないおばさんの私でも、表参道交差点の「サマンサタバサ」の大看板や、「行ってみヨーカ堂」、ヘアカラーなどのTVCFが、印象に残っているかな。頬笑みを絶やさず愛嬌をふりまくAKBメンバーの中で、ただひとり、際立ってきれいなのに、ニコリともせずにこちらを見つめてくる視線の持ち主が彼女なのですね。整形のビフォア・アフターのお顔がネットに溢れているのは、ちょっと驚きましたが…。

アンニュイな魅力を醸す彼女は、グリム童話に出てくる頬笑みを忘れたお姫さまのよう。どうにかして笑わせたい!などと懸命な気持ちになるひとは、すでに彼女に魅入られている証拠・・・!?それはともかく、2012年、板野は、大きな瞳が金色やブルーに揺らめくカラコン『candymagic』を含む年間22本ものTVCFに出演。同じ年の「タレントCM起用社数ランキング」で、篠田麻里子と並んで広告出演数№1を記録したそうで、道理で、AKBを知らない私でも、彼女だけは知っているわけだ…。

その前年、板野は、宝島社が主催した「日本ファッションリーダーアワード2011」を受賞。彼女が着用したファッションをみんながコピーする、いわば憧れの存在にのし上がったというわけです。そんな板野がイメージキャラクターとして出演した『candymagic』ブランドは、いやがおうにも注目されるもの。

同じ発売元の従来品より、数10%あまりも安価な価格設定で、これまで、カラコンは欲しいけれど高くて手が届かなかった女性たちが見過ごすはずがありませんね。ファンには、親しみを込めて“ともちん”と呼ばれる板野。「楽天」『candymagic』の販売サイトには、購入理由を「ともちんのCFを見て」「ともちんが宣伝していたから」「ともちんにつられて買いました」という口コミがあふれていました。

現在、10代~20代前半の若い女性たちに対する板野 友美の影響力は、計り知れないものがあるといえましょう。

無添加のヘアマニキュアってあるの?

ハンドメイドのユニークなフォルムだけでなく、『みつばちマーチ』『ロックスター』(石けん)、『京都気分』(シャンプーバー)など、ネーミングもふるっているソープ/バスグッズでおなじみ、アメリカのメーカー、ラッシュ。さすがにヘアマニキュアの商品名も、『カカ』と、一風変わっています。チョコレートみたいな3つの茶色いブロックが連続するフォルム。1650円。ロングなら2本、ベリーショートなら1/3と、髪の量に応じてカットして使います。

『カカ』の素材のほとんどは、インドの薬草・へナ。合成界面活性剤、パラベン、保存料は無添加。ラインナップは4種。レッドブラウンのニュアンスを出してくれる『カカ ルージュ』。ヘナのほか、カカオオイル、レモン果汁、ローズマリー、チョウジ花油を配合。ダークブラウンのニュアンスを出してくれる『カカ ブラン』は、ナンバンアイ葉、セイヨウイラクサに加え、色づけのためにコーヒーエキスを配合。

黒のニュアンスを出してくれる『カカ ノワール』は、インディゴによって黒い色をかける仕組み。ナンバンアイ葉、カカオ脂の他に、カラギーナン(海藻の一種)を配合しています。すべて、香料にオリエンタルな雰囲気を醸すクローブ(丁子)を使用。

ヘナを使う場合、髪を黒くしたいひとはインディゴ、焦げ茶にしたいひとはコーヒー粉末を混ぜるという工程を『カカ』ひとつにギュッと凝縮したかたちです。使用方法は、次のとおり。

1.熱湯で溶いた後、ペースト状にした『カカ』を髪全体にに塗っていきます。

2.『カカ』を塗り終えたら、その後、頭全体をラップで包み、シャワーキャップをかぶって、最低でも1時間放置。しっかり色をかけたいときは、4~5時間、放置します。

ヘナは、独特のにおいがあり、乾いたときに粉末状となってポロポロ落ちることを気にするひとが多いのですが、何よりの安心材料は、ケミカル系の薬剤が使われていないこと。髪に健康なつやとハリをもたらしてくれるのは、ヘナならではの特長です。

 

 

 

商品の使用期限は?A未開封で2年6ヶ月、開封後は6ヶ月以内に使い切って下さい。敏感肌なのですが、エココスメティクスの製品は使えますか?A敏感肌の方にもお使い頂けます。特に、ベビー&キッズラインは、大人の方にも使用されることが多いそうです。妊娠中ですがエココスメティクスの製品は使用できますか?A妊娠中の方もご使用いただけますが、気になるようでしたらご使用を控えてください。サンケアのSPFってなんですか?ASPFとは、SunProtectFactor(サンプロテクトファクター)の略で、UVB(中波長紫外線)の防止効果を表す数値です。通常、夏の海辺などで日光浴をしたとき、何も塗らないと20〜25分で肌は赤くなりはじめますが、例えばSPF45の日焼け止めなら20〜25分×45倍で約15〜18時間、日焼けを防ぐことができるということです。ウォータープルーフとはどういう意味ですか?A耐水性があるという意味です。したがって、水や汗に対して崩れにくい性質があります。しかしながら、100%防水という訳ではありませんのでご注意下さい。サンケアの紫外線防止効果の成分として何を使用しているのですか?A酸化チタン、コメヌカ油、ヒポファエラムノイデス油、カンゾウ根エキス、マイカを配合しています。ミネラル(酸化チタン・カンゾウ根エキス・マイカ)は微粒子なので、お肌についた小さな鏡のような役割をし、紫外線を反射します。オイル(ヒポファエラムノイデス油・コメヌカ油)は、表面にある鏡と鏡の間の保護されていない小さな部分を埋める役割を持っています。※酸化チタンチタンの酸化物で二酸化チタンまたは酸化チタンと呼ばれる。天然には金紅石、鋭錐石、板チタン石の主成分として産出する無色の固体で光電効果を持つ金属酸化物。※マイカ雲母(うんも・マイカ)は、鉱物(ケイ酸塩鉱物)のグループ名、きららとも呼ばれる。薄くはがれるのが特徴で、外見上の色から白雲母、黒雲母、金雲母などに分類される。これらの雲母は組成が異なる。多くは六角板状の結晶で産する。界面活性剤には何を使用していますか?Aシャンプー類(モイスチャライジングシャンプー・ボリューマイジングシャンプー・エコシャンプー):ラウリルグルコシド・ヤシ油アルキルグルコシド・ココイルグルタミン酸Na・ココイルグルタミン酸2Naシャワージェル:ラウリルグルコシド・ヤシ油アルキルグルコシド・ココイルグルタミン酸Na・ココイルグルタミン酸2Na・オレイン酸グリセリル・ベタイン※ラウリルグルコシド:トウモロコシから抽出した成分で、ブドウ糖とヤシ油から抽出した脂肪酸から得られる界面活性剤※ヤシ油アルキルグルコシド:ヤシ油と果糖から作られた肌に優しい天然由来の陰イオン性界面活性剤※ココイルグルタミン酸Na:ヤシ油とグルタミン酸から作られた安全性の高い陰イオン性界面活性剤。弱酸性※ココイルグルタミン酸2Na:ココナツオイルから作られた自然由来の界面活性剤。安全性が高い。※オレイン酸グリセリル:脂肪酸をモノグリセリン化したもの。乳化剤・安定剤として使用。※ベタイン:サトウダイコン由来の天然アミノ酸系保湿剤サジーとは何ですか?A学名:ヒポファエラムノイデス英名:シーバックソ−ン和名:スナチグミサジーまたはサージ学名からヒポファエと呼ばれることもあります。中国やロシアの山岳地帯の過酷な自然環境でたくまししく育つグミ科の小低木で、小さなオレンジ色の実をつけます。砂漠化した土地の土壌流出防止に役立つことや、食品、医療品としての利用価値が高いことから、最近では広く栽培も進められています。果実にはアルファリノレン酸、リノール酸、オレイン酸などの脂肪酸、ビタミンA・C、ビタミンEが豊富に含まれています。ミルテとは何ですか?Aミルテ(ドイツ語)はギンバイカ(銀梅花)とも呼ばれるフトモモ科の常緑低木です。花が結婚式の飾りよく使われるので「祝いの木」ともいいます。北アフリカやイランを原産地とし、ギリシャ神話や旧約聖書にも登場する植物で、昔から様々な用途に使われている植物です。マルバとは何ですか?Aマルバはアオイ科ゼニアオイ属の総称です。学名はMalvaSylvestris、マロウまたはゼニアオイとも呼ばれています。ハーブとしての効果は、呼吸器、便秘、皮膚保湿成分供給の成分が含まれており、肌の炎症を防ぐ効果があるといわれています。エキナシアとは何ですか?A別名コーンフラワーとも呼ばれデイジーの仲間で北米のみに生育し、草原や森林地域で多く見られる植物です。アメリカンインディアンは昔からこの植物を蛇にかまれたときや天然痘、風邪やインフルエンザなどに役立ててきました。抗ウイルス、免疫強化、殺菌消毒、抗感染作用があることで知られています。ドイツでは多くの医師や薬剤師が処方箋にも使用しています。ワインリーフとは何ですか?Aぶどう科植物、あかぶどうの葉から抽出されたエキス。タンニン、アントシアニン、糖類等の成分を含みます。収斂効果、消炎効果、保湿効果があるので、キメを整え肌荒れを防ぐ目的の化粧品に配合されています。また、血行促進効果もあるので、クスミ防止用の化粧品や育毛用の頭髪用化粧品に配合されています。

白髪に気づいたら、まずは「ヘアマニキュア」

ここ数年、女優さんやモデルさんが火付け役となるなどして、静かなブームになっている黒髪。美しくお化粧を施した顔を、ツヤツヤした黒髪がふちどるさまは、しばらく忘れていたアジアンビューティの復活。やっぱり東洋人は黒髪の方がすてき、なんて新鮮に映るものですね。ブームに乗って、ヘアカラーで黒髪に戻してみた。いい感じ。…と思っていたら、黒髪に混じってチラホラと白髪が。これって、思いのほか目立って、気になりますよね。

これまで何年ものあいだ、明るいブラウンにヘアカラーしていた方などは、黒髪に染め直したとたん、これまで目立たなかった白髪が、急に目立つように感じられるかも。もちろん、加齢による“経年変化”も否めませんが…。何年も明るい髪色を続けたうえ、今度は黒髪にと、繰り返し、ヘアカラーを続けてきた髪。伸びてきた白髪はヘアカラーでリタッチすれば、1カ月ほどは色がキープされます。

けれども、ご存知の通り、ヘアカラーは、髪の内部にあるメラニン色素を分解し、脱色すると同時に、髪の内部で染料同士を結合させるものですから、これまでヘアカラーを続けてきた髪の傷みは、いかんともしがたいもの。そんな場合、ヘアマニキュアによって白髪を目立たなくする方法をおすすめします。

ヘアマニキュアは、ヘアカラーと異なり、メラニン色素の脱色や薬剤を髪内部に浸透させることはなく、イオン結合によって、髪の表面だけに色をかけるもの。髪へのダメージは、ヘアカラーとは比較になりません。光の当たり具合によって、髪全体に微妙な色のニュアンスを出してくれます。白髪にもデリケートな色がかかり、目立たなくしてくれます。

ヘアマニキュアの効果の持続は約2~3週間ほどと、ヘアカラーの2分の1と短かく、シャンプーのたびにじょじょに色が落ち、元の髪色に戻るのが弱点ではあります。白髪は気になるけれど、量はそれほど多くはなく、白髪を自然に目立たなくしたい、また、髪のダメージも抑えたいという方には、ヘアマニキュアをおすすめします。

ヘアマニキュア、その効果は?

変な話ですが、代議士さんたちって、どんな床屋さんで白髪染めをしているのでしょうか。もう、70代も半ばの方など、髪が真っ白でいて不思議はないような年代の方が、漆黒の髪、というパターンが少なくないような。素人が染めると、はじめは黒っぽくうまくできっと思っても、しきに退色して髪が赤くなるというケースがほとんどなのに。やはりプロの技は違うのでしょうか。

それはともかく、男性向けのヘアマニキュアも、あるのですね。ダリヤ『サロンドプロ メンズヘアマニキュア スピーディ(白髪用)』(医薬部外品)が、それ。「自然な黒色」「自然な黒褐色」の2色。白髪用とありますから、当然、茶髪のひとの黒髪染めには使えません。2回使用できて、amazonでは700円で販売されています。

ヘアカラーの白髪染めに起こりがちな赤みを抑えて、自然な黒色を持続させるとか。また、ヘアマニキュアですから、髪に色味がかかるだけに、ヘアカラーのように、白髪が伸びてきたところがくっきり白くなる、ということもないのもポイントです。ローヤルゼリーエキスや植物性プロテインといったトリートメント成分を配合し、髪にも優しい使い心地とメーカー。

“スピーディ”とのネーミングどおり、液を髪に塗った後、放置時間は、わずか1分。ヘアマニキュアが初めての男性にもすぐに使えるように(?)、ヘアマニキュアをはじめ、コームとブラシのほか、顔や首への付着を防ぐためのプロテクトクリームや、いざ付着した際にすばやくふき取るためのリムーバーまでが同梱されるという細やかさです。

そのためか、amazonの口コミでは、★5つが最多の高評価。「ヘアカラーで肌荒れするためこれを使った。心配だったかぶれもなく、もう手放せない」「長く使っている愛用品」「価格が経済的」というひとが多く、女性の利用者もいました。欠点としては、皮膚や頭皮につくとなかなか取れない点。とくに、髪の薄い男性にとっては、頭皮への付着が目立つことが悩みの種のようです。プロテクトクリームやリムーバーの上手な使いこなしがポイントかも。

ヘアマニキュアでお洒落な白髪を演出

「あのおばさま、カッコイイ!プラチナブロンドみたいな白髪!お洒落~」。20代の娘がTVを観ているときに発した言葉です。画面には、音楽/CMコーディネーターとして長く活躍されている加藤タキさんが映っていました。加藤さんは、私より8歳上だから、もう、68歳になられるのね。

お若いころから変わらないシャキッとした物腰と淀みない話術に加えて、娘がカッコイイという理由は、何よりもそのヘアスタイルなのだそう。ヘアマニキュアをされているのかしら?時にパープル、ブルーのニュアンスで輝く白髪がすてき。失礼ながら、まもなく70代に手が届く方には見えませんでした。

加藤さんは、団塊世代のひとり。実はこの世代こそ、ビートルズ世代であり、最初にミニスカートやジーンズ着こなした、現代の自由なファッションの先駆者ともいえる人びと。60代後半となった現在も、洗練された“お洒落上級者”ぶりを私たちに提示してくれているのは、“先輩”として、とても頼もしく感じました。

そういえば、加藤さんだけでなく、「ヴィラデスト」夫人・玉村サエコさん、美容家の佐伯チズさん、歌手の中尾ミエさん、評論家の金美齢さん、etc.etc.…TVや雑誌でおなじみの方々は、どなたも、微妙な色のニュアンスの入った白髪がすてき。

彼女たちに共通するのは、白髪混じりの髪によく見られる“くたびれた”印象がないこと。白髪を美しく演出する髪型だけでなく、お化粧、服装、アクセサリー、立ち居振る舞いなど、キャリアに裏打ちされたいぶし銀の美しさともいえます。

私も、もう還暦。今はヘアカラーでダークブラウンに染め、白髪なんて1本もないような顔をしていますが、あと5年くらい経って、白髪が隠しようもないほど増えてしまったら、どうするかな、何気なく見たTVで、加藤タキさんにヒントをもらいました。

私も、白髪を隠すのではなく、きれいな色のニュアンスをかけて、人生後半も、お洒落に行きたいな。白髪の演出と健康の維持は、60代女性のお洒落の最重要課題ではないでしょうか。

ヘアマニキュアを楽しむ要素

最近になって、ヘアマニキュアにも、楽しむ要素が加わってきました。色の調合や、ヘアマニキュア中に香りを楽しめる製品も発売されています。色の調合が可能なヘアマニキュアでは、ホーユー『グラマージュ ヘアマニキュア』があります。チューブ入りのクリーム状で、150g/1365円。

ヘアマニキュア中、大手化粧品口コミサイトや、amazonでも評価が高く、一番の人気商品となっています。36色ものラインナップが揃っており、決め手は発色の鮮やかさ。チューブから出したピンクとブラウンを混ぜたり、マニキュア中~後の色合いを楽しむひとも少なくありません。

ヘアマニキュアらしく、「2週間に一度、カラーチェンジをしても、髪が傷まないのでうれしい」とする口コミも見つけましたが、それ以上に、「鮮やかな色が白髪にもよく入り、色持ちもよい」とするひとが目立っており、中には、「白髪だけピンクにしたくて使用。正解だった」というひとも。(すべて40代)。

白髪にしっかりと着色するためでしょうか、『グラマージュ ヘアマニキュア』には、40代“美魔女”たちのハートをくすぐる何かがあるようです。香りを楽しむヘアマニキュアでは、石澤研究所『クイスクイス デビルズトリック』があります。香るのはヘアマニキュアの最中だけで、残り香はありませんので、余計な香りをつけたくない方にもおすすめ。

カラーによって、香りが異なるのが特徴で、クールブラック(ローズ)やクリーミーラベンダー(グレープ)、ピンク(カシス)、スウィートピンク(ピーチ)、ビターブラウン(ブラッドオレンジ)、スパイシーレッド(アップル)と多種多彩!ホホバ油・椿油・ミツロウ、ヘナエキスを配合し、仕上がりの髪のつややかさもウリ。

口コミでは、「使用後のトリートメント効果は抜群」、けれど、白髪への色づきは、「ほんのり」となっていました。クリーミーラベンダーが退色したら、次はビターオレンジを使ってみようかな、なんて遊び心がわいてくるのも、トリートメント効果のあるヘアマニキュアならでは。