白髪に気づいたら、まずは「ヘアマニキュア」

ここ数年、女優さんやモデルさんが火付け役となるなどして、静かなブームになっている黒髪。美しくお化粧を施した顔を、ツヤツヤした黒髪がふちどるさまは、しばらく忘れていたアジアンビューティの復活。やっぱり東洋人は黒髪の方がすてき、なんて新鮮に映るものですね。ブームに乗って、ヘアカラーで黒髪に戻してみた。いい感じ。…と思っていたら、黒髪に混じってチラホラと白髪が。これって、思いのほか目立って、気になりますよね。

これまで何年ものあいだ、明るいブラウンにヘアカラーしていた方などは、黒髪に染め直したとたん、これまで目立たなかった白髪が、急に目立つように感じられるかも。もちろん、加齢による“経年変化”も否めませんが…。何年も明るい髪色を続けたうえ、今度は黒髪にと、繰り返し、ヘアカラーを続けてきた髪。伸びてきた白髪はヘアカラーでリタッチすれば、1カ月ほどは色がキープされます。

けれども、ご存知の通り、ヘアカラーは、髪の内部にあるメラニン色素を分解し、脱色すると同時に、髪の内部で染料同士を結合させるものですから、これまでヘアカラーを続けてきた髪の傷みは、いかんともしがたいもの。そんな場合、ヘアマニキュアによって白髪を目立たなくする方法をおすすめします。

ヘアマニキュアは、ヘアカラーと異なり、メラニン色素の脱色や薬剤を髪内部に浸透させることはなく、イオン結合によって、髪の表面だけに色をかけるもの。髪へのダメージは、ヘアカラーとは比較になりません。光の当たり具合によって、髪全体に微妙な色のニュアンスを出してくれます。白髪にもデリケートな色がかかり、目立たなくしてくれます。

ヘアマニキュアの効果の持続は約2~3週間ほどと、ヘアカラーの2分の1と短かく、シャンプーのたびにじょじょに色が落ち、元の髪色に戻るのが弱点ではあります。白髪は気になるけれど、量はそれほど多くはなく、白髪を自然に目立たなくしたい、また、髪のダメージも抑えたいという方には、ヘアマニキュアをおすすめします。